忍者ブログ
romancista
旧サイト付属のブログにつき、更新は無期限休止します。  
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ナルニアを見ようとして映画館の上映スケジュールを調べたら、なぜかひそかにこんなのがあっている。
アレクサンドリア - goo 映画

「アレクサンドリア」は、4世紀、ローマ帝国下のエジプトの学問の都が、崩壊していく話らしい。公式サイトで見てみたけど、出演者の顔が、濃い。主演の女の人は、設定では絶世の美女なのだが、あまり、好きな顔じゃない。ストーリーも音楽も暗い。
こうなったら、現在はあとかたもない当時のアレクサンドリアを再現したという映像を、だまされたつもりで観にいくか。

福岡では一箇所でしか上映していません。
中州大洋は、全然、最新式じゃないんだけど(残念)
早くいかないとこれも消えてなくなるかも、と本気で思う。
PR
サイトのリニューアル移転に伴い、ブログも新調しています。
ブックマーク変更等、お手数ですが、よろしくお願いします。

■アリス・ショートケーキ■
クリックで飛べないまたは、クリックしたくない場合は以下のアドレスをご利用ください。
http://truant.en-grey.com/
世界的に大騒ぎになっている公文書流出ウィキリークスの話で、
米国の当局の人と思われるオヤジがのたまったのです。
「明らかに情報が広がりすぎた」
ここまではいい。が、
「アフガンの前線にいる若い兵士が、国際条約の文書を読む必要はない」

一度TVで見ただけなんで、引用が正確じゃないかも知れませんが、要するに、
アフガンの前線にいる若造は、黙って命令に従えばいい、
という意味ではないですか。

こういうことを平然と言われ、ちょっと思い出したんだけど。
ド暇な夏の展覧会で、「夏休み?」と聞くと、「そう、休暇♪」と言う米のワカゾー、韓国にいる軍人らしくて体格だけはでっかいけど、顔が全く10代だったのです。「京都にも行ったぜぃ。女の子たちがキモノで一杯いたぜぃ♪」と喜んでいる。さらに聞くと船の時間が迫っていることが発覚。慌てて帰るとき何度も礼を言っていきました。

たとえば、こういうどこにでもいそうなワカゾーを、死ぬかもしれない戦場に送り出しておいて、「読む必要はないのである」と言った、という感じ。まるで自分の甥っ子か何かを侮辱されたような気がしました。

公文書を勝手に流出させる行為がいいとは言わない、違法行為である以上はね。けれど、当局の人の考えが変わらない限り、この手の反発はまた起きるのではないかと思います。コンピュータに関してはおそらく、偉そうなことを言うおじさんよりは、前線にいる若造のほうがはるかに上手く使いこなすのでしょうしね。
今日は荷物が軽いから!と、ジュンク堂の4階にいさんで行って、シェイクスピア全集を探したら、(探していたのは1冊タイプ)

ない!
まさかと思って周辺の棚を、まるで自分の部屋でやるように捜索。
あるのは1作品ずつのペーパー版か、趣味に傾いたような論集ばかり。
いちばん分厚くて、四大悲劇の1パック。そのあとは、なぜか『自負と偏見』とその一味が何種類もいる。それも、小花柄のラブリィな装丁で揃えやがって。
ここで諦めた。シェイクスピアをJ・オースティンで押しのける書店にもう用はありません。

だがしかし、手ぶらで退却してたまるか。
向かいの棚にあったシャーロック・ホームズの2分冊の片方、それもⅡのほうを買って帰りましたよ。(こんなことをすると、のちのちⅠが品切れとかになり、自分の本棚レイアウトが荒れるのだが)この本の中では、ようやくモリアーティが悪のナポレオンぶりを発揮してくれるような。というか、ついに本にも手を出してしまったよ。
関係ないけど、今度髪を切るとき、パーマはモリアーティのようにしてもらうつもりです。
あ、顔は、違いますから。モリアーティはジジイですから。

帰宅後、どうしてもおさまらない。
博多までいって紀伊国屋で探せばあるんだろうけど、と、某密林で調べると、
超破格値でハードカバー本を発見しました。中身もちら見できるので、見たら、さすが廉価版だけに、印字はそう親切なほうではない。が、時々原文に当たる程度なら問題なし。ネットで見ればタダだけど、紙とパソ画面では、目が痛む程度が大分違うのです。ちゃんと初版のご挨拶も載ってる。決まりだよ。

お持ち帰り感がほしいのでコンビニでの受け取り指定にして、これと鳥の絵のついたカレンダーを両方発注。イラストは多分北米の鳥なんだけど、特に北米の鳥が好きということでなく、鳥ならばどこのやつらでもいいのです。そして背景もきちんと描いてあって、絵として見れるのがいいです。日本の野鳥を題材としては、写真のは一杯あるけど、そういう絵画のカレンダーを作っている気配があまりない。
ちなみに、白背景にぐぐっと顔や飛ぶ背中のアップというインパクトのある鳥カレンダーもあって、それはちょっと男の子向きというか、理系の専門書の並ぶ部屋に似合いそうな感じでした。
到着は結構あとになるので、注文が早すぎるかと思ってたけど、ちょうど良かったようです。考えたら、あと2ヶ月で今年も終了ですね。
世紀の大救出作戦当日。
ここまできたら勿論、全員無事救出にならないとね。

あのカプセルの名前だけど、フェニックスよりは
ヴァージルにしてほしかったですねえ。
途中の補強壁には、イラストかCGのパオロとかフランチェスカとか。

乗る人はいやだといいそうだけども。

前 1 2 3 4 5 6 
ブログ内検索
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
狩路
HP:
性別:
女性
自己紹介:
現在の状態。
引きこもり計画は頓挫。一日中走り回る日もある。
某勉強は続行中だが、忙しいので思うようにははかどらない。
バーコード
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに換金可能なポイントを差し上げます。
最新CM
[12/31 トルーデ]
[10/13 竹林たぬき]
[04/13 竹林たぬき]
[02/23 wassan]
[01/05 トルーデ]
最新TB
忍者ブログ [PR]
 / Photo by 水珠